特集

Eyewear New Collection 2018S/S vol.1

Eyewear New Collection 2018S/S vol.1

アイウェアが旬を迎える季節の1つが、春。コート脱いで、気持ちも軽くなり、さらに上着を脱いで活動的な夏を迎える。ファッションに合わせてアイウェア選べば、気分も一新。春の展示会シーズンが終われば、各会場から羽ばたき、装いに欠かすことができない、アイウェアたちが表情を彩りたいと、主の迎えを待ち望んでいる。

今月の眼鏡旬人

旅を通じて変わった自分、旅はまだ続く(2018年5月号 西内ひろさん)

旅を通じて変わった自分、旅はまだ続く(2018年5月号 西内ひろさん)

芸能界には多くの美人姉妹が活躍しているが、その1人が西内ひろさん。高校時代から芸能活動をはじめ、グラビアやモデル、歌手、役者と多彩な才能を発揮しながらも、一時芸能活動を中断し、世界各国へと一人旅に出る。各地で出会った景色と人とのふれ合いを通じて、新たな世界への扉を開く。モデル、女優業はもちろん、クリエイティブな活動もはじめ、そのライフスタイルは多くの女性の共感を得ながら、自らのプロデュースにより世界から日本へ、そして日本から世界へとつなげていく。

眼鏡旅情

昭島市(東京都)

昭島市(東京都)

「降る雪や明治は遠くなりにけり」は、中村草田男が昭和の初めに詠んだ俳句。つまり2時代前を指したものであり、まさに昭和は遠くになりけり、を感じる今日この頃。そんな郷愁に支配されれば、やはり昭和にタイムスリップしたくなる。昭和レトロな町並みを再現するスポットは数あれど、ここは文字つながりで昭和を旅すことにしよう。目指すは東京と昭島。昭和のアイランドであるからだ。

最新号のご案内


  目次を見る  
購読・購入申し込み