ホーム > 特集 > スポーツでEYEサポート

スポーツでEYEサポート

trekking&Mountaineering

いまだ中高年を中心に根強い、登山&山歩き。そして山ガールも登場し、もはやブームとはいえない、しっかりとしたカテゴリーを築いている。ここでの楽しみは、絶景の景色との出会いであり、見ることの大切さを改めて考える必要があるだろう。自然の色を再現してくれるカラーとしては、グレー系がおすすめ。基本的にコントラストが低い色味が、再現性がよいからだ。ただし、山歩きとなれば、足下の段差を確認する必要があるので、その視認が悪くなることも頭の中に入れておくべきだろう。双方を考慮して1つの答えは、調光レンズ。木陰では無色に近くなり、陽の下では濃いレンズカラーとなって、自宅からこのサングラス1つで済んでしまうパフォーマンスも見逃せない。
ハードな登山では、風防などの専用機能を備えたアイウェアが適すが、トレッキングなら、フィット性を考慮すればセレクトの幅も広がるし、ファッション性を備えたサングラスで、トータルファッションを楽しむことができる。またグラスコードがあれば、携帯性はもちろん紛失の心配も少なくなる。

STRACK_L2.jpgCEBE S'track
サイズ:M(右)=68□16-128、L(下)=72□18-121 カラー:M=5色、L=6色
トレイルランニングのトップ選手が企画したモデル。側頭部でサングラスを固定するデザインで、激しい動きでもズレを緩和する。調光レンズとクリアレンズの2枚セット。
Monte-Paz Products TEL.042-316-5524 montepazproducts.com/

 

 

J326−111.jpgJULBO J326 111(Explorer)
シャモニーのエリート・クライミングスクールとのコラボレーションサングラス。テンプルがフレキシブルにフィットするほか、着脱可能なサイドカバーが雪などの侵入を防ぐ。
アイ・シー・ジャパン(レンズ事業部) TEL.03-5211-1545 www.ic-j.co.jp/www.julbo-eyewear.com/en/

 

 

 

running

このスポーツは、とにかくフィット性が欠かせない。単にサングラスの軽さだけでなく、全体的なバランスの良さを見極めること。東京ではランチタイムに皇居回りを走るランナーもいるが、仕事を終えて会社、自宅付近を走る夜間ランナーにとっては、レンズは透明度の高いレンズカラーをセレクトしよう。まだ暑い日が続き、サングラスを敬遠する人たちもいるが、紫外線カットはもちろん虫除けとして、常時身につけたい。

SOU.jpgSWANS SOU-Ⅱ-C SOU2C-0712
視界が広く、紫外線や風、粉塵などの侵入を防ぐツインレンズ。フレームのない超軽量なサングラスでフィット感に優れている。

山本光学スポーツ第1事業部 TEL.06-6783-1103 www.swans.co.jp/

 

 

名称未設定 1.jpgadidas a422
ギャップのない視界とホコリ、砂、風、虫などをしっかりとブロックするフロントフェイス。柔らかいシリコン製のパッドは2ポジションに設定可能なほか、レンズは光の明暗に対応し、ロードを明るく見せてくれるLSTアクティブS レンズを採用している。
マスターズアイプロテクションジャパン TEL.03-3243-8090
 

 

 

 

 

bike

ロードやMTBを嗜む人なら、ヘルメット装着は基本の、き。ところが、一般道で普段使いに自転車に乗る人たちの着用率は圧倒的に低い。この装着率は、実はサングラスについても同じなのだ。スポーツも普段使いも、とにかく安全走行が大切だから、アイガード機能も備えたサングラスは、自転車に乗る時の必携アイテムとして心得るべき。ロード系はスピードが出るため、風の侵入を抑えるデザインと前傾姿勢に合わせてサングラス選びをすれば、実走行時での違和感を防ぐことにつながる。またMTBはアイガードとしての機能性はもちろん、ロードに比べてスピードが出ないため、レンズのくもり止め機能に注目。一方、デイリーユースでは、ここまでこだわらくてもいいが、車からの石のはね上げから眼を守るためにも、是非、常用を。

EJ0015AC_W027.jpgBRIKO STINGER EVOLUZIONE PH
独創的なスタイルで人気を集めたモデルが、さらに進化を遂げて再登場! 調光レンズをセット。
三共社 TEL.03-3831-1131 www.sankyosha.ne.jp/
 

 

 

 

a193.jpgadidas a193
着脱可能なスウェットブロッカーは、目に流れ込む汗をブロックし、ノーズブリッジの調整し額にフィットさせれば、その効果はさらに高まる。風圧を利用し、積極的に通気させることで高いくもり止め効果を発揮する。

マスターズアイプロテクションジャパン TEL.03-3243-8090

 

 

 

※ここに掲載したアイテムは一部です。このほかオールラウンド、ベースボール、ドライブなどは是非、本誌でお楽しみ下さい。

 

最新号のご案内


  目次を見る  
購読・購入申し込み