ホーム > 特集

特集

サングラスを掛けて太陽と友達になろう!

紫外線対策としてもその効果が期待されているサングラスへの意識は高まっているものの、何か大事な事が置き去りにされている。そう、ジュニアたちのサングラスだ。
ただ、依然としてサングラスに対する偏見も残っている。しかしサングラスのアイガードという役割を改めて認識する必要がある。
今にはじまったことではない紫外線対策は地球規模で取り組まれている。世界保険機構(WHO)も当然、「SUN PROTECTIN」という啓発活動を行い、その中でも子供の紫外線対策の重要性を訴え続けている。特に育ち盛りの子供達は大人に比べ細胞分裂も活発であることから、環境に対して敏感に反応してしまう。しかも生涯にあびる紫外線量の大半を18歳までにあびるとの報告がと寄せられているだけに、子供たちにこそ紫外線対策求められる、ということだ。子供達の健やかな健康の一端を担う、ジュニア用サングラス。ファッショングラスとして楽しめる、求めやすいアイテムも数多くりリリースされているが、大切な子供のためにも、品質とアイガード機能に重点を置いたアイテムを集めてみた。 さぁ、ランドセルを置いて、サングラスを掛けて外に出よう!

調光レンズで旅に出よう

当たり前の時代だけに、可視光線反応の有り難みを体感できる。調光レンズ、そして調光+偏光レンズは、もちろん度付きにも対応しているから、世代を超えて快適なドライブシーンを演出してくれる。

NEW EYEWEAR 2nd

薄いシートプラスチックを折り紙のように折り、形づくっていく。薄さと軽さの視点をfactory900の解釈で表現するのがfa-1120、1121。二重に縁取りされたかのようにイメージさせるこのモデルは、正面から実に5mmも掘り込むことにより、立体の中に薄さを、ボリュームの中に軽さを感じさせてくれる。その独特な存在感は、factory900が最も大切にしている「メガネを楽しむ」との願いが込められている。

NEW EYEWEAR by SLIT

J.F.REYのセカンドラインとなるのが、BOZ。レイ氏の夫人、ジョエル氏がデザインを担当。レディースラインを意識したブランドで、エキゾチック でフェミニンな印象のコレクション。花や雲などの自然をモチーフにし、プラスチックを立体的に削り出して浮かび上がらせる手法を使い、同じく芸術的なアイウェアを提案している。

楽しみ広がるモチーフ使いのアイウェア

柔軟性のあるNXT素材によって、フロントシェイプの美しさとともに、快適な掛け心地を実現。ネイルをモチーフにしたゴールドカラーがアクセントとなり、フェミニンな雰囲気を醸し出す。

一式価格ショップの通知表

6年ぶりとなった潜入取材。前回の取材では本誌と関係あるライター氏に限定したが、今回はより生の声を届けるために、職種も年代もことなる一般ユーザー3名と、引き続き本誌編集部員一名と、同じく担当したライター一名を加えた、計5名の布陣で当たった。

見る環境は中間視にシフト

室内用レンズは遠近タイプに比べ知名度はなかなか上がって来なかった。その原因の一つが、エイジドアイズデビューとしてはあくまでも遠近が主役で、室内用第二の選択に甘んじてきたこと。予算的な面も加わっていたことはいうまでもない。一方、「想像していたほどの手元の視界を得られなかった」、「もう少し先の距離も見たい」という感想も少なからず寄せられてもいた。

この季節こそアイウェアが熱い!

メタルプレートと透明感のあるナイロン樹脂を三層に重ねた、マルチレイヤードカラー。この構造でメタル素材とプラスチック素材という異素材の組み合わせで美しさを表現。しかもこのマルチレイヤードは美しさだけでなく、軽く快適な掛け心地を提供できる構造。実は機能性を追求性を追求したものだ。

人生と共に歩むアイウェアがここにある

べてはスライスされた一枚の薄い木から始まる。スライスした板を型板に巻き合わせながら何重かに接着。その後、基本の枠を適切な幅にカットし、鼻パッド、ヒンジを接着する。テンプルを曲げた後、特殊な専用台に固定し、五種類のサンドペーパーを使い丁寧に仕上げていく。ネジもヒンジもすべて木を使い、製作用工具もすべてオリジナル。コレクションには木に対する深い愛情を感じさせてくれる。

次代のアイウェアトレンドを見逃すな

IOFTには数々のイベントが用意されているが、トップを飾るのは、やはり注目度が高い、日本メガネベストドレッサー表彰。第1回目から続けている名物企画でもあり、毎回楽しみにしている人たちも多く、アイウェアの魅力を一般にも広く発信している。今年も多数の業界関係者の応募に基づき選考された7部門(スポーツ部門のみ選考中)の受賞者が決まったが、いずれの顔ぶれも旬な人たちが選ばれた。授賞式は初日の22日、16:00から会場内の特設ステージで開かれる。

1  2  3  4  5  6  7  8

最新号のご案内


  目次を見る  
購読・購入申し込み