ホーム > 眼鏡旬人

眼鏡旬人

1、2時間ではメガネを語り尽くせない(布川敏和さん)

今回のゲストは、元シブがき隊のフックンこと、布川敏和さん。テレビや映画はもちろん、自身のブログでも頻繁にメガネ姿で登場している。それだけに布川さんのアイウェアライフを楽しみにしていた。インタビュー会場に姿を現した布川さんは、満面の笑みを浮かべている。その理由は、「十代の頃からメガネやサングラスは大好きなんです」との一言に表れている。

五輪で経験した新たな夢(黒須成美さん)

雪が降ってもおかしくい寒さの中でも、ここだけは熱気が帯びていた。茨城県の乗馬クラブ、ホースパークギャラクシーの馬場で、一人の女性がまさに人馬一体となって障害を飛び越えてゆく。鞍上の女性は、昨年のロンドン五輪・近代五種の日本代表選手、黒須成美さん。この競技における五輪出場は、民間出身としては日本初でもある。

地球環境を訴えられるキャスターに(酒井千佳さん)

女子アナといえばテレビ局の看板でもある。ただ本誌的に残念なのはメガネ姿が少ないこと。今回のゲスト、フリーアナウンサーの酒井千佳さんにおける事前情報ではメガネを使用していないとのことだったが、実は疑問を抱いていた。何故かといえば、瞳がきれいな方、しかも美人であれはほぼ100%近視という経験則があったからだ。

好循環をもたらすスポーツの力(白戸太朗さん)

スポーツおけるアイウェアは、定番スタイルとしてしっかりと定着している。むしろサングラスなしの姿にこそ違和感を覚えるほどだ。これは紫外線対策は勿論のことスポーツを快適に楽しむためのギアとして受け入れられているからでもある。複合的なスポーツがある中で、トライアスロンとなれば、ゴーグルを含めすべての種目でアイギアが求められる。白戸さんの「見る」を支えているのはスワンズだ。

演じることへの果て無き好奇心(大和田獏さん)

テーブルにズラッと並ぶコレクションを見ると、テオやアランミクリなど、アイウェアファンならずとも、アイウェア界を代表するブランドばかりで、大和田さんの審美眼を垣間見ることができる。もっとも大和田さんは、ブランドに傾倒しているわけではなく、気に入ったメガネがたまたまブランドものであっただけ。あくまでもデザインとカラーに視線が注がれる。

目指すは6度目の五輪の舞台(岡崎朋美さん)

それにしても5回連続のオリンピック出場を果たすとは、まさに鉄人。オリンピックの申し子ともいえる岡崎選手を支えているのは、アスリートたちの人間ドラマにもあるようだ。

クラシック音楽をもっと身近に(奥村愛さん)

ヨーロッパでは、子どもがクラシックを聴くのも自然なこと。日本でも小さな頃からクラシック音楽に親しんでもらおうと、奥村さんは親子のためのコンサートや、子どもを対象としたワークショップなどにも積極的に取り組んでいる。

水上のなでしこがメダルを目指す(北本忍さん)

普段あまり目にする機会のないスプリント用のカヌーは、シングルで5メートル、ペアで12メートル。直線競技とはいえ、足で操作する舵もついているという。専用シューズも必要ない軽装さだが、欠かすことができないアイテムがサングラスだ。

衰えることのないチャレンジスピリッツ(片山右京さん)

自らハンドルを握り、時速300km/hを超える世界に身を置くことができるのは、選ばれし人たちだけとなる。しかもライバルたちと競うレースの世界では、一瞬のミスが命取りとなるだけに、ドライバー達が高速スピードの中で見る世界は気になるところだ。F1ドライバーとして世界を相手に戦ってきた片山右京さんによると、緊張の連続の中で高められる集中力によって、視界から色が消えるという。

使命感を持って臨むロンドン五輪(小西ゆかりさん)

国立スポーツ科学センター内の射撃場でのインタビュー。目下、全日本選手権四連覇中の小西ゆかりさんは、おもむろに手にしたケースから、シューティング専用グラスを取り出す。その姿に釘付けとなる。

1  2  3  4  5  6  7  8

最新号のご案内


  目次を見る  
購読・購入申し込み