ホーム > 眼鏡旅情

眼鏡旅情

釜石

岩手といえば県庁所在地である盛岡をすぐにイメージさせるが、それに続くのがここ釜石といっていいだろう。何しろ鉄の町として知られ、また「北の鉄人」「炎のジャージ」で知られ、松尾雄治率いる新日鉄釜石ラグビー部は、前人未踏の日本選手権7連覇を誇るなど、ラグビーファンならずとも、多くの人たちが知るところだ。いずれにしても釜石にとって、鉄は切っても切れない存在だ。
そのルーツともいえるのが、橋野高炉。

白河

みちのくの玄関口であることは、その昔、関所であったことに通じる。前回の勿来とともに奥州三関の一つが、ここ白河関となるが、東山道の要衝であることから名高く、北海道を含めた東北地方を「白河以北」と称されていたという。

いわき

いわき市の観光といえば、海をあげることができる。小名浜港を筆頭に新鮮な海の幸が揃う。ご当地ならではの、めひかりは、酒の肴としても絶品であることを強調しておきたい。また多くの海水浴場を抱え、夏の季節は海水浴客で賑わう。津波の被害は千葉県にまで及んでいただけに、いわき市沿岸部の被害も当然予想していた。ただ岩手、宮城の被害が際立っていたことから、報道もこれらの地域に集中していただけに、現地の状況を理解するには限界もあった。
不安を抱えながらのいわきの旅が始まる。

1  2  3  4  5  6  7

最新号のご案内


  目次を見る  
購読・購入申し込み